好きなことをやりたい人のための今週の占いと運勢 ganz menschen(全的人間) 

翠 あんずによる好きなことをやりたい人を励ます転換期占いブログ。占い本の感想など

今週のあなたの過去を巡るヒント 第二週から第三週のはじめにかけて

いよいよ今年を振り返る期間が始まりました。あなたの今年は

どんな感じだったでしょうか。今年を振り返る前に力のある人達が

次々とこの世を去っていった感覚を私達は味わいました。この状況を

どのように捉えるのかで、来年からのスタートダッシュの違いが

見えてくるような気がします。

 それでは今週のカードを見ていきましょう。

 

 

The guardian Angel of
CHILDREN

f:id:ganzme:20121210153035j:plain

<I HONOUR THE PRECIOUS CHILD
WITHIN ME.I NOURISH AND CHERISH
NEW BEGINNINGS.>
<私は自分の内にあるかけがえのないチャイルドを
大切にする。私はすべての始まりを愛し育む。>

 

〈ここまでのあなたの歴史〉

母なるものに飢えています。母性的なもの、または暖かい手で抱えられる

起源のようなものを自分の中に見いだせないことからくる孤独感と、求めて

いながら、受け入れる方法を知っていながら、それを実行するというとプラ

イドの高さが邪魔をして手出しができない自分を恥じているあなたが存在して

います。そして同時に戸惑ってもいます。賢いあなたの事ですから求めて続け

てもいいものか、ないものねだりに思い続けているだけなのかどちらだろうと

あたりはつけていても、その判断に決定打がないから苦しんでいるのです。

無様なのか、人間の根源をあらわした姿なのかそのジャッジに翻弄されている

のです。その誰にも言えない自分で幼稚と思う感情にどう向き合ったらいいか

分からず結果、誰とも本当には理解しあえない関係を持たざるを得ない生活を

送っています。

 

〈変換点〉

他人の死に様は自らの死に様の模範のようなものです。この国の宗教がもはや

死に対しての厳格なレクチャーをするより、昼下がりの身の上相談の方にご執心に

なってしまった今、私達が広く他人の死への感情を共有するのはもはや芸能人が

亡くなった時だけというなんともお粗末な感覚しか残らなくなったそもそもの

原因は一体何なのか、あなた自身の力で考えてみる必要があるでしょう。

その死へと向かう姿勢こそあなた自身の輝く生への瞬間に導いてくれます。

今こそ面倒くさがらずに考えてみる時期です。ちょうど年末年始、いいタイ

ミングがあなたの目の前に現れています。

 

〈予想される未来図〉

この天使は始まりを祝福する天使でもあります。育ってくるものを慈しむ事に

なんの躊躇も持たない天使です。最近、あなたの中で芽生えてきたもの、または

今までまったく気にならなかったささいやモノや事や人間が気になりだしてきた、

という感情にフォーカスしていくとそこにあなたの飛躍のヒントが明示されている

可能性がとても大きいです。今まで気づかなかったものを気にするようになると

いうことは、あなたの意識に変化が起こっているということです。この変化を

楽しむ余裕を持つことができれば、来年からのあなたの生活に今までの感覚では

予想もしなかったネットワークを築きあげられる事が出来るようになるでしょう。