好きなことをやりたい人のための今週の占いと運勢 ganz menschen(全的人間) 

翠 あんずによる好きなことをやりたい人を励ます転換期占いブログ。占い本の感想など

12/14~12/20までの火の人(牡羊座獅子座射手座)に向けたメッセージ

f:id:ganzme:20200617105024p:plain



  こんにちは。占い文芸屋さんの翠 あんず

です。今週もよろしくお願いします。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まずは今週の星めぐり。今週は本年のハイラ

イトを彩るような感じになっています。15日

に月が新月になり(月食)16日に金星が

蠍座から射手座に移動します。17日に

土星が19日に木星がそれぞれ水瓶座に

移動してきます。いよいよ西洋占星術界

で言われている大転換点グレートコンジ

ャンクションが近づいてきました。土の時

代から風の時代への到来がもうすぐ目の

前にきています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

それでは今週の運勢です。

今週もタロットカードで占いました。

The Rider Tarot Deck

The Rider Tarot Deck

  • メディア: カード
 

 出たカードは「棒の3(逆位置)」です。

 

当ブログでは4つのタイプに分けて占って

おります。西洋占星術などの基盤になって

いる四大元素()に分け

運勢を見ていきます。

 

 

火の人:火は精神と活力を象徴する元素

です。生命力が高い人でもあります。

あてはまる人

牡羊座、獅子座、射手座の人達

 

f:id:ganzme:20190314154002p:plainf:id:ganzme:20190718145206p:plainf:id:ganzme:20191111152721p:plain

 

 

 今週の火の人の

メッセージ

 

 

 恋愛運

【ソロの人】

 出会うための計画を練り直した

方がいい時なのかもしれません。

あなたが出会いたい人はどんな

人なのかほんとのところ分から

なくなってきているのかもしれま

せん。今一度自らと向き合って

みて出す選択に従ってみて下

さい。

 

【相手がいる人】

 先が見えない関係に少し疲れ

てきているのかもしれません。

あなたが体験したい未来に

あなたのパートナーが本当に

必要なのか考えてみる時でも

ありそうです。

 

【別れようか迷ってる人】

 少し時間をおいてから決断して

もいいかもしれません。あなたを

大事にしてくれないと感じている

のならそのままあなたが最終決

着をつけるべきでしょう。

 

対人運

【身内】

 家族に対してあなたが今まで

感じてきた事がさらに色濃く感

じられる時があるかもしれませ

ん。今年は世界的に大変な事

になった年です。その最後の

日々にあなたが最終判断を

今の家族に下す事になるか

もしれません。

 

【その他の人】

 身勝手な相手とつきあうのが

本当にきつく感じる時のようで

す。たとえその人と縁を切った

としてもあなたの人生は長く

続くのです。今、決断しても

いいでしょう。

 

仕事運

【現場】

 これからの事未来の事

見えにくくなってきている

かもしれません。もしかす

ると新しい職に魅力を感

じる時があるかもしれま

せん。

 

【転職】

 今週は希望する職には

巡り合いにくいかもしれ

ません。

 

勉強運

【受験勉強】

 目標を見失いがちになって

しまうかもしれません。気分

転換も時には必要なようで

す。

 

【生涯学習】

 長い人生の中で今あなたが

悩んでいる事はほんの小さな

点のようだったとあとで気付く

ような出来事があなたのそば

で起こりそうです。

 

財産運

 今事業を起こそうとしている

人はもっと綿密な計画が求め

られているようです。

 

 

 【二者択一に迫られている問題の解決法

 先が見えづらい時に選択をしなく

てはいけない状態はある意味

苦痛を伴います。あなたがどう

ありたいのか、今一度確認して

から選択していく事がベストです。

 

 

今週の運勢は毎週月曜日頃

更新する予定です。

 

 

f:id:ganzme:20170710154215p:plain

<今週の同人誌>

f:id:ganzme:20150503182640j:plain

タロット占いの始め方」 

A5版 20p イベント価格200円

コピー本 です。

イベント価格としているのは架空ストア

さんで通販しているからなのです。

友人の「タロットカードの入門書みたい

な本が読んでみたい」という一言から始

まった一冊です。