好きなことをやりたい人のための今週の占いと運勢 ganz menschen(全的人間) 

翠 あんずによる好きなことをやりたい人を励ます転換期占いブログ。占い本の感想など

3/1~3/7までの土の人(牡牛座乙女座山羊座)に向けたメッセージ

f:id:ganzme:20191031150904p:plain



 こんにちは。占い文芸屋さんの翠 あんず

です。今週もよろしくお願いします。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まずは今週の星めぐり。今週は4日に火星

が双子座へ移動します。欲しいものにより

目がいきやすい時です。それを得るための

計画等を立てるのにいい時期かもしれま

せんが、心奪われて強引に手に入れよう

としてしまうかもしれません。あなたが放つ

エネルギーのコントロールに気を向けた

方がいいでしょう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

それでは今週の運勢です。

今週もタロットカードで占いました。

The Rider Tarot Deck

The Rider Tarot Deck

  • メディア: カード
 

 出たカードは「金貨の7(逆位置)」です。

 

 

当ブログでは4つのタイプに分けて占って

おります。西洋占星術などの基盤になって

いる四大元素()に分け

運勢を見ていきます。

 

土の人:土は安定と現実化を象徴する

元素です。計画の基盤を作れる人です。

あてはまる人

牡牛座、乙女座、山羊座の人達

f:id:ganzme:20190411145248p:plainf:id:ganzme:20190815102924p:plainf:id:ganzme:20191213145705p:plain

 

 今週の土の人へ

向けたメッセージ

 

 

恋愛運

【ソロの人】

 今週は恋愛以外の事に

集中してみて気分を変えて

みた方がいいかもしれませ

ん。自信のなさが態度に出て

しまっていい相手との縁が遠く

なりがちのようです。自分を

見つめ直す週だと思った方が

いいでしょう。

 

【相手がいる人】

 相手に対する不満が頂点に

あるような状態なら距離を取って

様子を見た方がいいでしょう。

それでも相手への思いが変わら

ないようならなんらかのアクション

が必要になってくるでしょう。

 

【別れようか迷っている人】

 お互いの不満をぶつけあっての

別れをしてしまうと後々後悔して

しまうかもしれません。諦めと

納得の理由が出来た時点で

決断した方がいいでしょう。

 

 

対人運

【身内】

 家族をどこかで信用できない

と思っているのなら無理をせ

ず距離を取った方がいいでしょ

う。家族間の軋轢が修復でき

るかどうかはあなた次第の所

があります。

 

【その他の人】

 追えば追うほど逃げていく人

に対してあなた自身結論を出す

タイミングのようです。積み重ね

てきたものが別の意味を持ちだ

す事もあります。あなた自身で

決断して下さい。

 

仕事運

【現場】

 今はつらい時期かもしれません。

努力だけでは通用しない部分を

見てしまって嫌気が差す事もあ

るかもしれません。そんなストレス

をあなた自身の内にため込まない

で誰かに伝えてみた方がいいで

しょう。解決策は見つからなくても

あなたの中で整理される思いが

あればこれから先も頑張れます。

 

【転職】

今は耐える時かもしれません。

地道に活動していきましょう。

 

 

勉強運

 【受験勉強】

 積み重ねてきたはずの事が

うまく結果に反映されなくて

焦るかもしれません。そんな

時こそあなた自身のみに集中

する事が大切です。

 

【生涯学習】

 努力だけではなしえない事に

直面し悩むかもしれません。

そこを乗り越えてこそ結ぶ実

もあります。諦めない事です。

 

財産運

 現状に満足できなくて突飛もない

もうけ話に飛びつきそうになるかも

しれません。冷静な判断を忘れない

ようにしましょう。

 

 

二者択一に迫られている問題の解決法

 やってきた事を無にするような選択を

迫られても後々の未来の事がきちんと

見据える事が出来れば正しい選択が

できます。

 

 

今週の運勢は毎週月曜日頃

更新する予定です。

 

f:id:ganzme:20170710154215p:plain

<今週の同人誌>

f:id:ganzme:20150503182640j:plain

タロット占いの始め方」 

A5版 20p イベント価格200円

コピー本 です。

イベント価格としているのは架空ストア

さんで通販しているからなのです。

友人の「タロットカードの入門書みたい

な本が読んでみたい」という一言から始

まった一冊です。