好きなことをやりたい人のための今週の占いと運勢 ganz menschen(全的人間) 

翠 あんずによる好きなことをやりたい人を励ます転換期占いブログ。占い本の感想など

3/1~3/7までの風の人(双子座天秤座水瓶座)に向けたメッセージ

f:id:ganzme:20191031150904p:plain



こんにちは。占い文芸屋さんの翠 あんず

です。今週もよろしくお願いします。

  

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まずは今週の星めぐり。今週は4日に火星

が双子座へ移動します。欲しいものにより

目がいきやすい時です。それを得るための

計画等を立てるのにいい時期かもしれま

せんが、心奪われて強引に手に入れよう

としてしまうかもしれません。あなたが放つ

エネルギーのコントロールに気を向けた

方がいいでしょう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

それでは今週の運勢です。

今週もタロットカードで占いました。

The Rider Tarot Deck

The Rider Tarot Deck

  • メディア: カード
 

 出たカードは「吊るされた男(逆位置)」です。

 

 当ブログでは4つのタイプに分けて占って

おります。西洋占星術などの基盤になって

いる四大元素()に分け

運勢を見ていきます。

 

風の人:風は思索とコミュニケーション

を象徴する元素です。社会に対応しやす

い人です。あてはまる人

双子座、天秤座、水瓶座の人達

 

f:id:ganzme:20190516143750p:plainf:id:ganzme:20190919150323p:plainf:id:ganzme:20200117152503p:plain

 

 今週の風の人へ

向けたメッセージ

 

  

恋愛運

【ソロの人】

選ぶ相手への視点を変える

べきタイミングのようです。

あなた自身を見つめ直す時

とも言えます。悩んでいる時

間がもったいないと思うかも

しれませんが、その時間さえ

放棄するのならあなたにふさ

わしくない相手との時間しか

与えられないかもしれません。

 

【相手のいる人】

 お互いの選択が正しいのか

理解しあおうという姿勢でいる

か、そんなところが気になる

時かもしれません。気づいて

いたけど見ないようにしている

とあとになってトラブルになって

も修復しようがない所にいって

しまいます。修正するなら今の

うちでしょう。

 

【別れようか迷っている人】

 もう少し相手の言い分を聞いて

から決断しても遅くはないよう

です。

 

対人運

【身内】

 身内に縛られて決断できない事

動けない事が大きな課題として

表面化するかもしれません。今

までのように触れないで過ごして

きた事が通用しなくなるようです。

ここが正念場かもしれません。

覚悟して対峙していきましょう。

 

【その他の人】

 関係を一旦ニュートラルな状態に

してしまうかもしれません。それは

あなた自身が心の奥底でしたかっ

た事です。つらい思いもするかも

しれませんが未来においてよかっ

たと言える判断ができるでしょう。

 

仕事運

【現場】

 不快な思いをしてしまうかも

しれません。あなた自身のせい

ではなくても何かに巻き込まれ

る可能性もありそうです。身を

引き締めて対応していきましょう。

 

【転職】

 条件を変えて選び直した方が

いいでしょう。

 

 

勉強運

 【受験勉強】

 慌てない事焦らない事

冷静でいる事が特に求め

られています。あなた自身

の努力を信じ切りましょう。

魔法はありません。

 

【生涯学習】

 報われない努力を嘆く前に

やれることはあります。そこ

に目を向けてみましょう。

視点を変えるだけでもだいぶ

状況は変わるでしょう。

 

財産運

 金銭感覚が鈍るタイミングが

ありそうです。大きな買い物を

今週はしない方がいいでしょう。

 

 【二者択一に迫られている問題の解決法

 視点を変えられないから今のまま

なのかもしれません。苦痛を伴うか

もしれませんが大胆な選択をして

みましょう。

 

 

 今週の運勢は毎週月曜日頃

更新する予定です。

 

 

f:id:ganzme:20170710154215p:plain

<今週の同人誌>

f:id:ganzme:20150503182640j:plain

タロット占いの始め方」 

A5版 20p イベント価格200円

コピー本 です。

イベント価格としているのは架空ストア

さんで通販しているからなのです。

友人の「タロットカードの入門書みたい

な本が読んでみたい」という一言から始

まった一冊です。