好きなことをやりたい人のための今週の占いと運勢 ganz menschen(全的人間) 

翠 あんずによる好きなことをやって生きていく人のための占いブログ。

3/15~3/21までの水の人(蟹座蠍座魚座)に向けたメッセージ

f:id:ganzme:20190314154002p:plain



こんにちは。占い文芸屋さんの翠 あんず

です。今週もよろしくお願いします。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まずは今週の星めぐり。今週は16日に水星

が魚座に移動します。太陽が20日に金星が

21日に牡羊座に移動してきます。西洋占星

術から見れば20日春分の日から新しい年

を迎えます。豊かな想像力に情熱が触発

されやすい時です。年始に立てた計画を

実行しきれてない、または三日坊主にな

ってしまっている人は今週中に計画を立

て直してみると良いアイディアと結びつき

やすそうです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

それでは今週の運勢です。

今週もタロットカードで占いました。

The Rider Tarot Deck

The Rider Tarot Deck

  • メディア: カード
 

 出たカードは「(逆位置)」です。

 

ブログでは4つのタイプに分けて占って

おります。西洋占星術などの基盤になって

いる四大元素()に分け

運勢を見ていきます。

 

 

水の人:水は感情と心を象徴する元素

です。感情を重視する人です。

あてはまる人

蟹座、蠍座、魚座の人達

f:id:ganzme:20190613151810p:plainf:id:ganzme:20191017112141p:plainf:id:ganzme:20200213160041p:plain

 

 今週の水の人へ

向けたメッセージ

 

 

恋愛運

【ソロの人】

 あなた自身の恋に迷いが出る

頃です。あなたの思いが強すぎ

で相手に委縮されてしまう事に

気づくかもしれません。仕切り

直しのタイミングです。自分を

見つめ直す時間を意識的に作

ってみましょう。

 

【相手のいる人】

 相手に甘えすぎていた事に

気づかされるかもしれません。

あなたを一人の自立した人

だと思っているからこその

相手からの思いなんだという

事に今度はあなたが答える

番です。

 

【別れようか迷っている人】

 依存しあう関係だと感じている

のなら決断は早い方がいいで

しょう。

 

対人運

【身内】

 あなたが抱えている家族に

対するマイナスな思いが今週

より色濃くあなたに寄りかかっ

てくるかもしれません。押しつぶ

されないよう気持ちを強く持つ

必要がありそうです。

 

【その他の人】

 周りの人達と少し距離を置き

あなた自身の時間を作って

みた方がいいでしょう。その

時間の中で今までの関係の

有様を振り返る事でこれから

の関係を作り直す事もできそ

うです。

 

仕事運

【現場】

 仕事に対する自信が揺らぎがち

になるかもしれません。それはあ

なた自身の手によるものか周り

からの影響なのかは分からない

ですが、気持ちを切り替えるタイ

ミングが必要になってきます。

 

【転職】

 今のあなたに合った場所へ行く

ためにはあなたをより客観的に

見れる人のアドバイスが必要な

ようです。

 

勉強運

 【受験勉強】

 あなたの実力を過信しないで

挑む事が大事です。そしてきち

んと実力が出せる心身の状態

がより大事な時です。

 

【生涯学習】

 あなたが挑んでいる事はあなたが

思っているよりもっと大きくてより

やっかいなもののようです。知の

腕力で強引に抑え込もうとしても

到底理解しきれない事に気づける

でしょう。

 

財産運

 ふいに現れる購買欲に振り回される

かもしれません。衝動買いには気を

引き締めて惑わされないようにしま

しょう。

 

 

二者択一に迫られている問題の解決法

 あなたのワガママで通る事は世の中

そんなにない事を頭の片隅に置いて

色んな人達のためになる方を選択して

みましょう。

 

 

今週の運勢は毎週月曜日頃

更新する予定です。

 

f:id:ganzme:20170710154215p:plain

<今週の同人誌>

 

f:id:ganzme:20150503182640j:plain

タロット占いの始め方」 

A5版 20p イベント価格200円

コピー本 です。

イベント価格としているのは架空ストア

さんで通販しているからなのです。

友人の「タロットカードの入門書みたい

な本が読んでみたい」という一言から始

まった一冊です。