好きなことをやりたい人のための今週の占いと運勢 ganz menschen(全的人間) 

翠 あんずによる好きなことをやって生きていく人のための占いブログ。

3/29~4/4までの火の人(牡羊座獅子座射手座)に向けたメッセージ

f:id:ganzme:20200918143831p:plain

  こんにちは。占い文芸屋さんの翠 あんず

です。今週もよろしくお願いします。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まずは今週の星めぐり。今週は29日に天

秤座で満月を迎え4月4日に牡羊座に水星

が移動します。3月最後の満月を迎えます。

今年中に達成したい事、願望が新たに思い

浮かんだりピン!と直感が強く働いたりする

かもしれません。4日から少し空気感が変わ

りそうです。情報処理能力が鋭くなる一方ネ

ガティブな感情にも引っ張られやすくなる

かもしれません。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

それでは今週の運勢です。

今週もタロットカードで占いました。

The Rider Tarot Deck

The Rider Tarot Deck

  • メディア: カード
 

 出たカードは「剣の6」です。

 

当ブログでは4つのタイプに分けて占って

おります。西洋占星術などの基盤になって

いる四大元素()に分け

運勢を見ていきます。

 

 

火の人:火は精神と活力を象徴する元素

です。生命力が高い人でもあります。

あてはまる人

牡羊座、獅子座、射手座の人達

 

f:id:ganzme:20190314154002p:plainf:id:ganzme:20190718145206p:plainf:id:ganzme:20191111152721p:plain

 

 

 今週の火の人の

メッセージ

 

 

 恋愛運

【ソロの人】

今までの事を吹っ切って新しい

出会いを心底から願う事でその

思いが実りそうです。言葉だけ、

態度だけそう言っていても現実

は変わりません。あなたが本当

に次の出会いを求めているから

こそ現実が動くのです。もし自信

がないのなら少しあなた自身を

見つめ直す時間を設けてみま

しょう。それぐらいの時間はある

からです。

 

【相手がいる人】

 新しい局面を迎えるでしょう。

新たなステージに立つと言って

もいいかもしれません。結婚、

出産、新しい場所へ家族で引

っ越し等未知なる展開を迎え

ます。

 

【別れようか迷ってる人】

 ここで決断するという事は

あなたは次の道へ進むと

いう事です。それはまった

く未知な所へいくことにも

繋がります。それを受け入

れられるかにかかっていま

す。

 

対人運

【身内】

 家族の価値観が今までと

変わっていきそうです。そ

れを受け入れる度量は皆

それぞれあります。あとは

その流れに自然に対応し

ていけばいいだけです。

 

【その他の人】

 古くあなたをしばっていた

慣習、常識のようなものか

ら少しずつ解放されその先

に出会う人達をより大切に

する事であなたの中の何か

も変わっていけるでしょう。

 

仕事運

【現場】

 今までのやり方では通用し

ない事柄が増えてくるかも

しれませんが、あなたの機

転で万事うまくやり通す事

が出来るでしょう。変わる

事を恐れない事です。

 

【転職】

 今までとは違う職に巡り

合うかもしれませんが、あ

なたなら順応できるでしょう。

そう考えて視野を広げて探し

てみましょう。

 

勉強運

【受験勉強】

 新しいステージに立とうとして

います。今までの学力がより

増していく環境を作り上げて

いけるでしょう。あとは集中

するだけです。

 

【生涯学習】

 今まで固執していたものから

解放されていくでしょう。それに

伴い新たな価値観に出会う事

で出来る事の範囲が広がって

いきそうです。

 

財産運

 利益を上げようと思っている

のなら発想の転換が必要な

ようです。今までのやり方を

変えていくタイミングです。

 

 

 【二者択一に迫られている問題の解決法

 今までのあなたなら選ばないような

選択をあえて選ぶ事をしてみましょう。

 

 

今週の運勢は毎週月曜日頃

更新する予定です。

 

 

f:id:ganzme:20170710154215p:plain

<今週の同人誌>

f:id:ganzme:20150503182640j:plain

タロット占いの始め方」 

A5版 20p イベント価格200円

コピー本 です。

イベント価格としているのは架空ストア

さんで通販しているからなのです。

友人の「タロットカードの入門書みたい

な本が読んでみたい」という一言から始

まった一冊です。