好きなことをやりたい人のための今週の占いと運勢 ganz menschen(全的人間) 

翠 あんずによる好きなことをやって生きていく人のための占いブログ。

3/29~4/4までの土の人(牡牛座乙女座山羊座)に向けたメッセージ

f:id:ganzme:20200918143831p:plain



 こんにちは。占い文芸屋さんの翠 あんず

です。今週もよろしくお願いします。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まずは今週の星めぐり。今週は29日に天

秤座で満月を迎え4月4日に牡羊座に水星

が移動します。3月最後の満月を迎えます。

今年中に達成したい事、願望が新たに思い

浮かんだりピン!と直感が強く働いたりする

かもしれません。4日から少し空気感が変わ

りそうです。情報処理能力が鋭くなる一方ネ

ガティブな感情にも引っ張られやすくなる

かもしれません。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

それでは今週の運勢です。

今週もタロットカードで占いました。

The Rider Tarot Deck

The Rider Tarot Deck

  • メディア: カード
 

 出たカードは「カップの7(逆位置)」です。

 

 

当ブログでは4つのタイプに分けて占って

おります。西洋占星術などの基盤になって

いる四大元素()に分け

運勢を見ていきます。

 

土の人:土は安定と現実化を象徴する

元素です。計画の基盤を作れる人です。

あてはまる人

牡牛座、乙女座、山羊座の人達

f:id:ganzme:20190411145248p:plainf:id:ganzme:20190815102924p:plainf:id:ganzme:20191213145705p:plain

 

 今週の土の人へ

向けたメッセージ

 

 

恋愛運

【ソロの人】

 ある瞬間はっきり分かる事が

ありそうです。それはあなたの

繊細な愛についての一つの今

まで解けなかった疑問だったり

します。何かとても大事なもの

を掴めそうです。何気ない閃き

を大事にしてみて下さい。そこ

からあなたの新たな恋が始まり

そうです。

 

【相手がいる人】

 相手に対しての思い込みから目が

冷めそうです。冷静な判断が出来る

ようになるでしょう。それを踏まえて

二人の未来を語り合う時間が増え

そうです。

 

【別れようか迷っている人】

 客観的な態度で物事を見れる

ようになった今のあなたなら

後悔しない決断を下せるでしょ

う。

 

 

対人運

【身内】

 真にリアルな家族の姿が見え

てきそうです。その姿から目を

そらしてはいけません。それを

見据えた上であなたはどう行

動していくか、どう対応していく

か考える時間はまだ与えられ

ているからです。

 

【その他の人】

 いいところだけではなくあまり

よく思わない部分も見えてき

ますが、だからこそ現実に即

したつきあいができます。周り

を冷静に見つめ直すタイミング

のようです。

 

仕事運

【現場】

 あなたにとって今の仕事は

人生にとってどういう位置に

あるのかが改めて分かる瞬

間に出会うかもしれません。

現実を冷静に判断できる事

できちんと積み重ねられる

生活の質の向上を考える時

間が与えられています。

 

【転職】

 客観的な判断が冴え新しい

仕事への手がかりをうまく

掴めそうです。

 

勉強運

 【受験勉強】

 あなたの実力をきちんと知る

事で今足りない部分が見えて

きます。今すぐそこを埋めよう

とはせず、出来る事やれる事

を再確認していきましょう。

 

【生涯学習】

 妄想で突き進んできた部分が

終わり、これからの一歩を冷静

に判断する段階にきています。

現実と学びたい事への折り合い

をはかる時です。

 

財産運

 お金の使い方が堅実になって

いくでしょう。あなたにとてもあ

ったマネープランが見つかりそう

です。

 

二者択一に迫られている問題の解決法

 すぐに思いついた考えより

時間を置いて客観的に判断

した方を意識的に選んでい

くと良いでしょう。

 

 

今週の運勢は毎週月曜日頃

更新する予定です。

 

f:id:ganzme:20170710154215p:plain

<今週の同人誌>

f:id:ganzme:20150503182640j:plain

タロット占いの始め方」 

A5版 20p イベント価格200円

コピー本 です。

イベント価格としているのは架空ストア

さんで通販しているからなのです。

友人の「タロットカードの入門書みたい

な本が読んでみたい」という一言から始

まった一冊です。