好きなことをやりたい人のための今週の占いと運勢 ganz menschen(全的人間) 

翠 あんずによる好きなことをやって生きていく人のための占いブログ。

4/5~4/11までの土の人(牡牛座乙女座山羊座)に向けたメッセージ

f:id:ganzme:20200617105024p:plain



 こんにちは。占い文芸屋さんの翠 あんず

です。今週もよろしくお願いします。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まずは今週の星めぐり。今週は12日の

新月に向けて星は粛々と巡っています。

春の暖かさを迎えやる気と情熱が少し

ずつあなたを叶えたい事に誘導してい

こうとしてきます。エキサイティングな

出来事を望む気持ちが高まります。

しかし心の衝動に駆られて勝手な判断

には気をつけるよう心掛けていきま

しょう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

それでは今週の運勢です。

今週もタロットカードで占いました。

The Rider Tarot Deck

The Rider Tarot Deck

  • メディア: カード
 

 出たカードは「棒の4(逆位置)」です。

 

 

当ブログでは4つのタイプに分けて占って

おります。西洋占星術などの基盤になって

いる四大元素()に分け

運勢を見ていきます。

 

土の人:土は安定と現実化を象徴する

元素です。計画の基盤を作れる人です。

あてはまる人

牡牛座、乙女座、山羊座の人達

f:id:ganzme:20190411145248p:plainf:id:ganzme:20190815102924p:plainf:id:ganzme:20191213145705p:plain

 

 今週の土の人へ

向けたメッセージ

 

 

恋愛運

【ソロの人】

 理想が高すぎて相手に求める

ものがあなた自身を縛ってい

る可能性がありそうです。未

来の姿を想像する事自体はと

てもいい事ですが、それ以外

の未来はダメだと執着してし

まっているのかもしれません。

もっとゆるく緊張感をなくし

て相手を見つける行動を起こ

してみてはいかがでしょうか。

 

【相手がいる人】

 関係の破綻が見えてきたら

すぐに修復する行動力が求め

られています。見てみないふ

りが将来あなたを苦しめる事

もあるかもしれません。今が

よければそれでいいという判

断は控えておきましょう。

 

【別れようか迷っている人】

 相手との建設的な将来像が

想像できないのならそれは

あなたが最終決断を下す時

です。

 

 

対人運

【身内】

 家族に対する思いがそれぞれ

別の思惑で交差していきそう

です。あなたの我だけでなく

相手の気持ちを汲んだ接し方

が必要とされています。

 

【その他の人】

 安定していない関係の人と

より深い接点を持つかもし

れません。相手の思惑に引

きずられないようその人と

の関係の在り方を整理して

おきましょう。

 

仕事運

【現場】

 職場への不満や不安がより

鮮明になるかもしれません。

一人で抱え込まないで信頼

できる人達のそれとなく相

談する時間、またそれをす

る勇気を持ちましょう。

 

【転職】

早く決めたいという焦りが

行動を妨げてしまうかもし

れません。状況を冷静に判

断する気持ちを持ちましょう。

 

勉強運

 【受験勉強】

 基礎という大きな土台の強さ

をもう一度確認していきましょ

う。地味で面白みにかけると

感じる事が勉学を支えている

事に気づくのはあなたが試験

に合格した時なのです。

 

【生涯学習】

 学ぶ事に集中したかったら

それ以外の実生活を安定さ

せていきましょう。あなた

を支えてくれるものを精神論

のみで解決することはありま

せん。

 

財産運

 あなたが不安に感じる大本を

見つめ直していく事であなた

の本当の財産運が動いていき

ます。

 

二者択一に迫られている問題の解決法

 精神的土台や肉体性を無視した

決断はやがて破綻がやってきま

す。基礎をおろそかにしない

選択をしていきましょう。

 

 

今週の運勢は毎週月曜日頃

更新する予定です。

 

f:id:ganzme:20170710154215p:plain

<今週の同人誌>

f:id:ganzme:20150503182640j:plain

タロット占いの始め方」 

A5版 20p イベント価格200円

コピー本 です。

イベント価格としているのは架空ストア

さんで通販しているからなのです。

友人の「タロットカードの入門書みたい

な本が読んでみたい」という一言から始

まった一冊です。