好きなことをやりたい人のための今週の占いと運勢 ganz menschen(全的人間) 

翠 あんずによる好きなことをやって生きていく人のための占いブログ。

4/12~4/18までの風の人(双子座天秤座水瓶座)に向けたメッセージ

f:id:ganzme:20200529153723p:plain



こんにちは。占い文芸屋さんの翠 あんず

です。今週もよろしくお願いします。

  

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まずは今週の星めぐり。今週は12日に

牡羊座で新月、15日に金星が牡牛座に

移動します。穏やかな包容力を受ける

人や愛情の独占を受けて自らの立場

を考え直す人もいそうです。何かを仕切

り直すにいい時期でもあります。こだわっ

ていた部分を改めて見つめ直す期間に

してもいいかもしれません。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

それでは今週の運勢です。

今週もタロットカードで占いました。

The Rider Tarot Deck

The Rider Tarot Deck

  • メディア: カード
 

 出たカードは「金貨の4(逆位置)」です。

 

 当ブログでは4つのタイプに分けて占って

おります。西洋占星術などの基盤になって

いる四大元素()に分け

運勢を見ていきます。

 

風の人:風は思索とコミュニケーション

を象徴する元素です。社会に対応しやす

い人です。あてはまる人

双子座、天秤座、水瓶座の人達

 

f:id:ganzme:20190516143750p:plainf:id:ganzme:20190919150323p:plainf:id:ganzme:20200117152503p:plain

 

 今週の風の人へ

向けたメッセージ

 

  

恋愛運

【ソロの人】

 もしかするとあなたはまだ

恋に落ちる準備が足りない

のかもしれません。かといっ

て急いで探そうとせずあな

たの時間をより大切にすご

す事で見えてくる出会いの

引き寄せ方がありそうです。

 

【相手のいる人】

 お互い自分を守る事にせい

いっぱいで相手を思いやる

事が出来にくい時なのかも

しれません。守る過ぎると

依怙地に相手は感じてしま

います。少しずつでいいので

素直さを示せる時間を増やし

てみる事にチャレンジしてみ

ましょう。

 

【別れようか迷っている人】

 あなたがあなた自身を一番

愛していると感じているのな

らその決断にいたる時間は

早いでしょう。

 

対人運

【身内】

 守る気持ちはあるのにそれが

充分に表現できていないがた

めに問題が起こっている感じ

がします。あなた自身にこだわ

りすぎると見えるものも見えな

くなってきます。

 

【その他の人】

 信頼している人達との関係を

見直す時なのかもしれません。

信頼しているからこそないがし

ろにせずなあなあにせず真摯

に向かい合う姿を相手に見せ

る事でより深められる信頼が

あります。

 

仕事運

【現場】

 思いが仕事に直結しない事

にイライラが募るかもしれま

せん。そんな時こそ自分の殻

に閉じこもらないで他人の視

点を積極的に取り込む努力

をしていみる時です。

 

【転職】

 あなただけの視点で判断せず

第三者の視点もきちんと取り

入れて判断していく気持ちを

忘れないようにしましょう。

 

勉強運

 【受験勉強】

 今まで以上の結果を必要と

するのならあなただけで判断

せず色んな人の体験や経験

を取り入れてどの方法が自分

にとってベストなのか見極めて

みる時のようです。

 

【生涯学習】

 一見時間がかかるけど必要な

工程をめんどくさい、すぐに結果

がでないからと外してみても結局

は行き詰まってしまう事に気づく

タイミングなのかもしれません。

 

財産運

 思わぬ出費が増えそうな時期の

ようです。必要以上に使わない

意志の強さがより大切なようです。

 

 

 【二者択一に迫られている問題の解決法

 あなた自身に囚われすぎないよう

色んな人の視点を大切にしていき

ましょう。

 

 

 今週の運勢は毎週月曜日頃

更新する予定です。

 

 

f:id:ganzme:20170710154215p:plain

<今週の同人誌>

f:id:ganzme:20150503182640j:plain

タロット占いの始め方」 

A5版 20p イベント価格200円

コピー本 です。

イベント価格としているのは架空ストア

さんで通販しているからなのです。

友人の「タロットカードの入門書みたい

な本が読んでみたい」という一言から始

まった一冊です。