好きなことをやりたい人のための今週の占いと運勢 ganz menschen(全的人間) 

翠 あんずによる好きなことをやりたい人を励ます転換期占いブログ。占い本の感想など

4/19~4/25までの風の人(双子座天秤座水瓶座)に向けたメッセージ

f:id:ganzme:20190411145248p:plain



こんにちは。占い文芸屋さんの翠 あんず

です。今週もよろしくお願いします。

  

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まずは今週の星めぐり。今週は19日に

水星が20日には太陽がそれぞれ牡牛座

へ移動し23日に火星が蟹座へ移動して

いきます。感度が鈍くなり行動への反応

が遅くなったりするかもしれません。また

愛情に対して大きな一歩を手に入れる

人も出てくるかもしれません。考えるより

足を動かす事をいつもより芯の部分で

念じてみましょう。無意識の部分に行動

を任せてみるのです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

それでは今週の運勢です。

今週もタロットカードで占いました。

The Rider Tarot Deck

The Rider Tarot Deck

  • メディア: カード
 

 出たカードは「金貨の5(逆位置)」です。

 

 当ブログでは4つのタイプに分けて占って

おります。西洋占星術などの基盤になって

いる四大元素()に分け

運勢を見ていきます。

 

風の人:風は思索とコミュニケーション

を象徴する元素です。社会に対応しやす

い人です。あてはまる人

双子座、天秤座、水瓶座の人達

 

f:id:ganzme:20190516143750p:plainf:id:ganzme:20190919150323p:plainf:id:ganzme:20200117152503p:plain

 

 今週の風の人へ

向けたメッセージ

 

  

恋愛運

【ソロの人】

 まずはあなた自身が抱えて

いる不満や不安に真正面か

ら向き合う時間を意識的に

作っていった方が出会いた

い相手との距離が短くなる

ようです。真摯にあなた自身

があなたを大切にする事で

出会える人を大切にして

いきましょう。

 

【相手のいる人】

 二人の関係にかげりを感じて

いるのなら今のうちにきちんと

その事について行動を起こす

べきです。見て見ないふりを

するのが一番傷口を広げま

す。大切な関係だからこそ

真剣に向き合う事を忘れ

ないようにしましょう。

 

【別れようか迷っている人】

 今はどんな判断をしても

最終的に別れを選んで

しまう時のようです。少し

時間を置いてみましょう。

 

対人運

【身内】

 心身ともに支え合う事が

必要な時のようです。しっ

かり向き合う事で問題の

解決策が見えてきます。

 

【その他の人】

 不安定な関係の人がいると

したらその人との関係をきち

んと見分ける事が大事なよう

です。振り回されずにあなた

自身でいられる関係でないの

なら考え直す時のようです。

 

仕事運

【現場】

 大きな決断は今週はしない

方が無難なようです。トラブル

を最小限に押さえる努力を

意識的にしていきましょう。

 

【転職】

 大きな動きは今週はしない

方がいいでしょう。様子見で

今週は過ごしてみて下さい。

 

勉強運

 【受験勉強】

 何が目的で勉強するのか

今一度あなた自身の中で

再確認する事で見えてくる

やり方がありそうです。最低

の状況ならあとは這い上がる

だけです。方向性のあった

努力をする事の凄さを実感

できるのはもう少し先のよう

です。

 

【生涯学習】

 最悪の状態で今いるのなら

それすらも学びに変える意識

の変化が必要なようです。あな

た自身を俯瞰で見る視点が必要

なようです。

 

財産運

 今週は財産を守る事に徹して

いきましょう。大きな買い物は

控えた方がいいでしょう。

 

 

 【二者択一に迫られている問題の解決法

どんなに最悪な状態だったとしても

這い上がるのはあなた自身の意思

が大きな原動力だったりします。

現状のみですべてを判断しないよう

にしましょう。

 

 

 今週の運勢は毎週月曜日頃

更新する予定です。

 

 

f:id:ganzme:20170710154215p:plain

<今週の同人誌>

f:id:ganzme:20150503182640j:plain

タロット占いの始め方」 

A5版 20p イベント価格200円

コピー本 です。

イベント価格としているのは架空ストア

さんで通販しているからなのです。

友人の「タロットカードの入門書みたい

な本が読んでみたい」という一言から始

まった一冊です。